« SLIK ミニII | トップページ | [Japanino] 外部水晶発振子を使う »

2010年6月13日 (日)

[PowerShot G11] オートブラケット撮影

CHDKのブラケット撮影はシャッターボタンを押しっぱなしにしていなければならないと思っていたが、本体のセルフタイマーで枚数を指定すれば1度のシャッターで10枚まで撮れるのがわかった。わかったって単にマニュアルを読んでいなかっただけ何だが。あー、日本語マニュアル欲しい。

カメラ本体のAEB
撮影枚数3枚。

モードダイヤルシャッター速度絞り値ISO
P 可変 固定 可変
Tv 可変 固定 固定
Av 固定 可変 固定

プログラムオートではシャッター速度とISOの両方が動く。

カメラ本体のカスタム・セルフタイマー+CHDK
撮影枚数は最大10枚。

CHDKモードシャッター速度絞り値ISO
Tv 可変 固定 固定
Av 固定 可変 固定
ISO 固定 固定 可変

モードダイヤルの位置にかかわらずCHDKの設定が優先される。つまりオートモード、マニュアルモード、ローライトモードでもオートブラケット撮影が可能。

« SLIK ミニII | トップページ | [Japanino] 外部水晶発振子を使う »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [PowerShot G11] オートブラケット撮影:

« SLIK ミニII | トップページ | [Japanino] 外部水晶発振子を使う »